ソファはどれがいい?レザーソファ・布製ソファ・ 合成皮革のソファの選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家具インテリアで迷うソファの選び方

ソファは布ソファやレザー、PVCなどいろいろなものがあるので、どんなソファがいいのか迷ってしまいますね。
今回はソファを大きく3つに分類して布ソファ、レザーソファ、合成皮革のそれぞれの特徴をご紹介します。

 

布のソファの特徴

040112609_g_001_m

布張りのソファーと言っても、布の種類によって肌触りや表情が違います。
布ソファの場合、圧倒的に人気の理由が肌触りです。
夏もべたべたせずにサラッとしています。冬は反対に暖かいという利点があります。
そのほかにも適度に摩擦があって滑らないとか、柄や種類の多様さは布のソファにしかありません。

布ソファを選ぶときのポイント

なるべく目の詰まった強い生地を選ぶようにすると、長持ちしやすいです。
目の詰まっていない生地は長い間座っていると生地がヨレてしわになりやすいこともあります。
生地代はかかっていますが、しっかりとしたものを選ぶようにしましょう。

また、カバーリングソファというものもあります。
これは、汚れたら簡単に外せて洗濯ができるので、小さいお子様やペットがいる場合はカバーリングソファを選ぶのもおススメです!

布ソファーのオススメ

040112609_g_001_m

北欧デザインの木肘ソファ3p 【BDZ16996739】 40,032 円 (税込)

 

040105071_g_005_bt_interior_m_m

アジアンリゾートインテリアソファ3人掛け 【BDZ16998153】 100,512 円 (税込)

 

レザーソファの特徴

2016_176
出典 http://acme.co.jp/

皮張りのソファの魅力はなんといってもその存在感や高級感。
生地の耐久性は抜群に高く、きちんとメンテナンスをしていれば味わいが出てきてとても長く使えるソファです。
ただ、メンテナンスを怠ってしまうと乾燥でひび割れが起きたり、水に弱くカビが生えたりといったデメリットもあります。

レザーソファの選び方

皮張りソファには総皮張りというものがあります。これは100%本革が使用されたソファという意味になります。
それとは別で、本革のソファなんだけど一部だけ合成皮革を使用しているものもあります。
総革張りにこだわる場合は注意しましょう。

レザーソファのオススメ

2016_175

FRESNO SOFA 3P

合成皮革ソファの特徴

040102229_g_009_bt_interior_m_m

合成皮革というのは見た目は本皮だけど、人工的に作られた皮に似せた素材のことです。
本革とは全くの別物なんですが、合成皮革のソファーは見た目ではほとんど区別がつきません。
本革に比べて価格が安くメンテナンスンもラク!
さらに水がついても平気だったり、本革のデメリットをカバーした素材です。
ただ、本革独特の匂いや経年変化などを楽しむことはできません。

合成皮革ソファの選び方

040102229_g_018_bt_interior_m_m_genz-5e

バイキャスト加工という方法で作られた人口皮革があります。
これは本当に見分けがつきにくく、レザーが好きな方は、見分けがつかなくて困るというくらい本物そっくりの素材です。
さらに傷や水にも強いので日常生活の使用ではとても使いやすいソファです。
本革にこだわらないけど皮のようなテイストの物が欲しいと言った方はこのこういったソファはかなりおススメです!

040600529_g_029_m_59ip-bd

二人掛け アームソファ2p【BDZ16997749】 51,552 円 (税込)

 

040102229_g_009_bt_interior_m_m

レトロデザイン 二人掛け 2P ソファ 【BDZ16995830】 35,712 円 (税込)

 

PVCを使った本格的なビンテージソファ

040111664_g_004_m

ヴィンテージスタンダードソファ 【BDZ16998355】 129,312 円 (税込)

こちらはPVCを使ったビンテージライクなソファ。
見た目ではレザーとほとんど区別が付かないのが分かると思います。

ソファ選びのまとめ

リビングの中で主役になるぐらい雰囲気を作るソファ。
選ぶときは慎重になると思いますが、予算としっかり相談しながら素敵なインテリアを作ってください!

SNSでもご購読できます。